授与品のご紹介

戻る Home

四魂のお守り

古来日本では、魂には荒・和・奇・幸(咲き)の四つの姿があると考えてきました。
荒々しく躍動的な激しい姿。優しく慈悲に満ちたなごやかな姿。なぜと思える不思議な事象や巡り合わせ。花開くが如く光り輝く晴れの姿。
私達の生活にも、この四つの魂が必要と成る時があります。
その心の方向をしっかり示すお守りです。

荒魂(あらみたま)あらび守り

荒魂(あらみたま)あらび守り

[躍動]勝ち守り他


和魂(にぎみたま)なごみ守り

和魂(にぎみたま)なごみ守り

[和合]社内・家族・夫婦円満他


奇魂(くしみたま)くしび守り

奇魂(くしみたま)くしび守り

[霊妙]病気平癒他


幸魂(さきみたま)咲き守り

幸魂(さきみたま)咲き守り

[成功]受験成就他