授与品のご案内

授与品のご紹介

四魂のお守り

古来日本では、魂には荒・和・奇・幸(咲き)の四つの姿があると考えてきました。
荒々しく躍動的な激しい姿。優しく慈悲に満ちたなごやかな姿。
なぜと思える不思議な事象や巡り合わせ。花開くが如く光り輝く晴れの姿。
私達の生活にも、この四つの魂が必要と成る時があります。
その心の方向をしっかり示すお守りです。

※画像クリックで拡大します。

荒魂(あらみたま) あらび守り

荒魂(あらみたま) あらび守り

躍動 勝ち守り他

 

和魂(にぎみたま)なごみ守り

和魂(にぎみたま)なごみ守り

和合 社内・家族・夫婦円満他

奇魂(くしみたま)くしび守り

奇魂(くしみたま)くしび守り

霊妙 病気平癒他

 

幸魂(さきみたま)咲き守り

幸魂(さきみたま)咲き守り

成功 受験成就他

願かけ狐

※画像クリックで拡大します。



願かけ狐

狐は稲荷神のお使いです
狐の中に願い事を書いた紙を入れ
神様に届けてもらいましょう。
紙を入れた狐は神社所定の場所に納めるか、
持ち帰って神棚などに飾っても構いません。
髭のある狐がオス、ない狐はメスです。
一体ずつ社務所で受ける事ができます。

おみくじ

※画像クリックで拡大します。



きつねみくじ

きつねみくじ

願かけ絵馬

※画像クリックで拡大します。



願かけ絵馬

おきつねさんは人と神をつなぐお使いです
祈願絵馬に祈りを書いて、おきつねさんから神さまに願いを届けていただきましょう。
【となえ言葉】
天翔り(あまかけり)国翔り(くにかけり)
神祖(みおや)の御元(みもと)に
願いを届け給(たま)へ

八種(やくさ)の守り(身守り)

※画像クリックで拡大します。



八種(やくさ)の守り(身守り)

八種(やくさ)の守り(身守り)

縁(えにし)のお守り

※画像クリックで拡大します。



縁(えにし)のお守り

様々な良いご縁に導かれることを願う
二枚貝で作ったお守りです。
二枚貝は別の貝では合わせることが出来ないので、古来より縁結びの縁起物とされてきました。
ご縁は男女縁ばかりではありません。
あらゆる人付き合いや職業や仕事、住まいも良きご縁に導かれたい物です。
良きご縁がありますよう全て当社で手作りしております。

授かり守り

※画像クリックで拡大します。



授かり守り

金運・子宝を招く縁起物
打ち出の子小槌の形です。
良運を招く縁起物のお守りとして、当社で手作り、謹製しております。

稲荷神の御神徳  みのり守り

※画像クリックで拡大します。



稲荷神の御神徳  みのり守り

生活、仕事、芸事などが実る
稲荷(イナリ)神社の名の由来は、イが力強く活動することを意味し、ナリは成る、成就すること・出来上がることを意味します。
イナリとはこれを併せて『活動は成就する』意味です。
ですので、産業神・生活神・商業神・芸能神として崇められてきました。
活動が成就することを『みのり』と言い、このお守りはイナリの神様の御神徳のお守りなのです。