杉並区馬橋の歴史

馬橋の歴史と地名 馬橋村と馬橋稲荷

正一位足穂稲荷大明神の勧請



地図






本殿

天保2年(1831)当時の住人大谷左六他53名連名を以て官金(7両2分)の寄付があり、これを以て京都に使者を向け、白川神祇伯家お役所に上申し、ご神体及び神号の宣下を願い出たところ、天保3年辰正月30日、正一位 足穂稲荷大明神の御神号を賜り御勧遷の許可があり、勧遷の式が厳かに執り行われました。この頃に現在の本殿が建てられたと思われます。