杉並区馬橋の歴史

馬橋の歴史と地名 馬橋村と馬橋稲荷

馬橋の小名(字)

◆延宝2年(1674)4月の縄打帳による記述

馬橋村は延宝2年(1674)4月の縄打帳によると田方14ヶ所の小名の水田があり、これによって湧水による水田分布の範囲がわかります。
小名はどこの村でも共通性があり、その土地がどの様な所であったか手がかりとなります。

田方14ヶ所の小名

新道上 前田 宮ノ前 宮ノ前道上
細町 とうの下 道下 向田
新道下 志も田 水神前 そば窪(蕎麦窪)
赤み街道 中堤上等    

畑方35ヶ所の小名

高円寺境 屋敷添 大場境 屋敷裏
せど 天神前 第六天山 阿佐ケ谷境
後原 宮ノ後 宮ノわき 前畑 屋敷内
本屋敷 稲荷前 田端 赤味ケ谷戸
中通り 宮ノ前 西ノ窪 蕎麦窪 新道下
赤宮ミかいと 道通り 大道通り 田むかい 池ぶち
海道通り 海道むかい 大塚根 そば窪 大宮境

萓野方小名

後原 大場さかい
ミやのこし にしのくに 中道

主な小名

本屋舗 村が成立した当時に最有力者が住んでいた地域。
後原 本屋舗の背後(北)の原。
後見ケ谷戸 本屋舗の後ろに見えた小さな谷。
田向 桃園川の向かい側(南)の田圃。
西ノ久保 村の中心から見て西方の窪地。
中道 村の中程を通っている古道沿いの地域。
蕎麦窪 青梅街道の蕎麦(傍)の窪地。
大塚根 梅里2丁目31番にあった「松の木の大塚」の麓(方言・根元)だった。


◆明治22年町村制施行後の小名

明治22年町村制が施行されて、高円寺・馬橋・阿佐ケ谷・天沼・田端・成宗の6ヶ所は合併して、杉並村となり杉並村大字馬橋となりました。  杉並村の成立に伴い旧村の小字は廃止され、大字馬橋には住還南、本村、鷹っ鶴、西原、内手、原の6つの小字がつけられました。

主な小名

住還南 青梅街道南側の地域。江戸時代は青梅住還と呼んだ。
本村  
鷹っ鶴 将軍家光が鷹狩りにきて、放した鷹が鶴を捕らえたので鷹鶴と名付けられたとの説がある。
西原  
内手 旧小名西ノ久保の地域。地元の古老の話では、田畑、山林には、西ノ久保を使い人や家には内手をつかった。大昔からあった地名ですが意味は分からない。内手は昔、砦の内の手勢という意味ですから、この近くの豪族(阿佐ケ谷氏)の「家の子郎党」の住居のあったところかもしれない。